健康経営への取り組み

前年度に引き続き「健康経営優良法人2022
(大規模法人部門)」に認定!

2022年3月9日付でソフトコムは、経済産業省が実施した2021年度健康経営度調査にて、前年度に引き続き「健康経営優良法人2022(大規模法人部門)」に認定されました !
今後もソフトコムでは社員の健康課題の把握・施策の実施・効果検証を推進し社員一人一人の健康意識の向上、健康維持促進の支援を続けてまいります。
「健康経営優良法人制度」は、経済産業省が2016年に創設した認定制度で、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

「健康経営」は、特定非営利活動法人健康経営研究会の登録商標です。

健康経営の基本方針

社員の健康が一人ひとりの幸せと会社の発展の基盤となります。
この考えに基づき健康経営を推進します。

健康宣言

  1. 社員一人ひとりがソフトコムの財産です。
  2. 社員一人ひとりの健康は、自身の幸福の基盤であり、ソフトコム発展の基盤でもあります。
  3. ソフトコムでは社員一人ひとりが主体的に健康維持増進を図り、会社は安全・健康・快適な職場環境の実現を図ります。

健康経営の推進

健康経営戦略マップ

経営課題の解決に繋がる健康課題から期待する効果、健康保持増進に関する具体的な取り組みの繋がりを把握し健康経営を推進していきます。

健康経営推進体制

経営トップを最高健康責任者として、健康管理を主管とする部門が中心となり取組みを推進しています。

健康経営 ~健康維持増進への取組み~

健康診断の実施

法定項目の健康診断に加え、がんの早期発見や生活習慣病予防に狙いを絞った健康診断を実施
⇒健康診断受診率100%を維持

項目 必須 オプション
大腸がん 35歳~ 50歳・55歳 大腸内視鏡検査
前立腺がん(男性) 50歳~  
肝臓がん 35歳~節目5年毎、B型肝炎・C型肝炎ウィルス検査  
子宮がん・乳がん(女性) 35歳~ 34歳以下(7,000円補助)
腹部エコー 35歳~節目5年毎、肝臓・膵臓等  
胃がん 35歳~節目5年毎(胃部X線または胃カメラ)、  
35歳ABC検診またはピロリ菌・ペプシノゲン検査
肺がん 40歳~喫煙者に喀痰検査実施推奨 50歳・55歳 肺CT
該当なし 50歳・55歳 脳ドック

産業保健体制

産業医、保健師による定期的な健康相談やセミナー開催を実施し、メンタル、フィジカル面での社員サポートを拡充しています。

禁煙外来プログラム

  • 社員の健康を守り、受動喫煙の低減化を図るため、社内全面禁煙とし就業時間内の禁煙を展開しています。
  • 健康保険組合と協力し、禁煙補助金制度や禁煙外来プログラムを導入しています。

長時間労働の防止と多様な働き方の実現

  • 全社員を対象としたリモートワークの導入しています。
  • 時間年休の導入、有給休暇取得奨励日の設定等を行い有給休暇取得の促進を図っています。
  • 長時間労働に起因する健康リスク低減のため、必要に応じ産業医による面談を実施しています。

女性向け健康セミナーの開催

女性の健康について情報や知識を得て活用する力を身につける目的として、リコーグループ主催の参加型セミナーや保健師が講師となって行う社内セミナーを開催しています。